定期預金とは何?

法人口座の開設がなぜ必要なのか

新規事業を起ちあげるとそれに伴い必要なことが様々あります。その1つに法人口座というものがありますが、これは会社が取引をするために金融機関で会社の口座を開設し所有することを意味しています。法人口座を所有することにより、取引先に仕事に関して発生した金銭を振り込んだり振り込まれたりすることに利用したり、取引を円滑に進めるためなどがあげられます、ほかにも個人口座と法人口座を所有することで公私のお金の区別がつけやすく、会計処理がやりやすいなどの利点があります。また会社が銀行から融資を受けたい場合、そのための審査に個人口座では認められない場合もあるのです。法人口座の開設には様々な書類や審査が必要になりますが、所有することによるメリットは大きいといえます。

定期預金をするメリット

法人は事業にかかる費用などは普通口座や当座預金に預け入れしているほうがすぐに取り出しやすいのですが、定期預金に預け入れをするのはなぜなのか気になります。多くの場合、金融機関に対しての信頼度を得るためであるといいますが、それは融資を受ける上で審査に大きな影響があるのです。例えば普通口座に預け入れをしたものは流動的な動きをすることに対し、定期預金に預け入れをしたものは蓄積し流動しにくいことがわかります。つまりそれだけ法人が資産があることを証明するとともに、銀行に対して信頼を得ることに繋がるのです。法人が定期預金をするには一定の条件をクリアにすることが必要ですが、地方銀行や都市銀行などほとんどの銀行で法人の定期預金ができます。

© Copyright Information About Corporate Account All rights reserved